9000万という金額

住宅ローンを9000万も借りるというケースは起こりうるということも念頭におく必要があります。
9000万という金額を借りるということができるということ自体が、それだけの信用があるということを示しています。基本的にいえば、住宅ローンを組むということは、その家に住むということが前提になりますので、自宅に愛着を持つことが重要といえるでしょう。
勤務先の状況などについても審査の段階において、調査されることになります。
住宅ローンといえば、銀行などの金融機関にとってみれば、なくてはならない商品なだけに、きちんと返してくれる人かどうかを見極めることが必要になります。
まして9000万という金額ともなれば、余計に審査に熱が入ることになります。
住宅ローンを利用することができるのは、むろん、返済が見込める人になるため、ある程度の年齢になることは周知の事実といえるでしょう。
極端に高齢な人は基本的には貸し付けの対象にはなりません。
また、過去に破産や債務整理などをしている人についても、厳しい審査になることが予測されます。
あくまでも、銀行などの金融機関にとっては、商売として住宅ローンをしているわけです。
慈善事業とは全く異なります。