住宅ローンで5000万を借りるために必要な年収

住宅ローンの審査基準は金融機関によって異なるので一概に決めることはできませんが、一般的には住宅ローンの借入額は年収の5倍が目安とされています。
そのため、5000万円を借りるための年収は1000万円ということになります。
ここで誤解をしないでほしいのが、なにも5000万の家しか買えないというわけではありません。
頭金を2000万円用意できれば、7000万円の家を買うことも可能です。
あくまで住宅ローンで借り入れる金額が5000万円ということです。
「年収の5倍」という目安は1つの理想にすぎず、実際には年収の7倍程度が借りられることもあります。
しかし、住宅ローンは審査に通ったら終わりなのではなく、利息も含めた全額を完済した時点が終わりです。
また、なんとか完済できたとしてもその間の生活に苦しむことになったら幸せとは言えません。
マイホームを購入した後も余裕のある生活をするためにも、理想の目安は守っておいたほうがよいでしょう。
また、公務員、大企業の正社員、中小企業の正社員、派遣社員、契約社員といった職業・勤務形態などによっても大きく異なります。
正社員ならば普通に勤めていれば昇給がありますが、派遣社員や契約社員の場合は収入が減少してしまうこともあります。
自分に合ったローンを組むことが大切です。