ゼロ金利政策が解除されたら住宅ローン金利はどうなるのか

現在の阿部政権は景気浮揚策に必死で取り組んでおり、日銀もそれに呼応するように金融政策で次々と新しい手を打ってきています。
日銀がゼロ金利政策を導入してしばらくたちますが、ついにマイナス金利政策が導入されるという日本がかつて経験したことのない金融環境が実現しています。
この環境は住宅ローンを借りようとしている人、特に固定金利で住宅ローンを組もうと思っている人にとっては福音といっていいものだと言えます。
実際、現在住宅ローンの固定金利は下がり続けており、いまや変動金利と比べてもそれほど差がない状況となっています。
ただ、景気浮揚策が功を奏してマイナス金利、ゼロ金利政策が解除されれば長期金利は急激に跳ね上がることが予想されます。
こうなると今の金利条件は再現しません。
足元の固定金利の状況は異常な状況と言うべきもので、ゼロ金利政策が解除されてしまい低金利のチャンスを逃すとおそらく2度とつかむことができない好条件となっているのです。
住宅を新たに取得しよう、あるいは増改築しようという方で住宅ローンを利用しようと考えている方は、是非ともこのゼロ金利政策が解除される前に固定金利による住宅ローンを組むことを強くお勧めします。